生姜が身体にいいというのは、だいたいの人が分かっていると思います。

しかし、生姜パウダーはもっと身体に良いこと事をご存じですか?

 

実は、冷え性の方には、生生姜よりも、生姜パウダーの方がおすすめなんです。

紅茶やスープなど手軽に取り入れることができる、生姜パウダー。

 

そんな生姜パウダーの通販でおすすめは、生姜生産量日本一の、高知県で製造している生姜パウダーです。

楽天でも人気ランキングに入る程の、高知産の生姜パウダーのご紹介です。

 

生生姜と生姜パウダーの違い

生生姜の効果・効能

「そりゃぁ、何でも生がいい」と思っている方も多いと思いますが、実は料理は科学(化学?)なんです。

温めたり、蒸したりすることで効果や効能が変わってきます。

 

生の生姜にはジンゲロールという成分があります。

 

ジンゲロールには強い殺菌作用や解熱作用もあり、体内の熱を取り、身体を温めてくれる効果もあります。

しかし、ジンゲロールの欠点は、身体の中心部分の体温が下がるという事です。

 

なので、冷え性の方には、生の生姜はおすすめできません。

 

生姜パウダーの効果・効能

 

生姜パウダーの効果・効能は、生姜に熱を加えることで変化します。

生姜のジンゲロールはショウガオールとジンゲロンに変化します。

 

ショウガオールの効能

①血管が拡張され血行が良くなる

②体内の脂肪や糖質を燃焼させて身体の中から熱を作ってくれるので冷え性改善につながります。

③血流が良くなると、代謝がアップすることに加えて、水分の循環も良くなるのでむくみ解消

④血液の流れが良くなり、その結果、免疫機能が活発になり、代謝を高めるという働き

⑤ジンゲロール、ショウガオールともに抗酸化物質ですので、活性酸素による老化を予防してくれる効果が期待できます。

 

冷え性の方には生姜パウダーをおすすめします♪

 

生姜パウダーのおすすめ通販

「GINGER POWDER」は、楽天の人気ランキングでも上位に入っています。

 

高知県は生姜生産量、日本一。

「GINGER POWDER」は高知県産在来種「土佐一」を主に使用しています。

 

 

辛みや香りが柔らかく、豊かな風味が特徴。

 

さらに、15~18度Cに保たれた壕の中で熟成させています。

それによって、「ひね生姜」が出来上がります。

 

 

ひね生姜とは、収穫後数か月熟成された生姜の事で新ショウガよりも身が硬くしまり、辛み成分も多くなっています。

年中スーパーなどに売っている、一般的な生姜ですが、実は熟成されている生姜だったんですね^^

 

それを、丁寧に「蒸す」→「スライス」→「粉砕」

↓ ↓ ↓

↓  ↓  ↓

 

香りが深く、体の芯から温まる生姜パウダーの出来上がりです。

 

生姜の姿のまま蒸して乾燥した、乾姜は生の生姜よりも、香りに深みがまして、まろやかになります。

蒸し生姜をパウダーにすることで手軽にそのパワーを取り入れる事ができます。

生姜パウダーのおすすめレシピ

ジンジャーティー:手軽に取り入れることが出来るのはジンジャーティー小さじ1/3の生姜パウダーを入れるだけ

 

 

ジンジャーエール:生姜パウダーは小さじ1/3

 

 

生姜焼きのたれ:生姜パウダーは小さじ1/2